貴重な蝶たちが生息する大雪山周辺



<アサヒヒョウモン>


<ウスバキチョウ>

<カラフトルリシジミ>


<ダイセツタカネヒカゲ>


<ウスバキチョウ>

<カラフトルリシジミ>
国の天然記念物に指定されている蝶たちです。
大雪山周辺にはこんなに貴重な蝶たちが生息しています。
この蝶たちが住める環境を、いつまでも残したいものです。
静かにそっとしておいてあげましょう。
とるのは、写真だけにして…

大雪山周辺で見られる蝶たち



<オオイチモンジ>


<コヒオドシ>

<カラフトヒョウモン>

<オオモンシロチョウ>


<ヒメギフチョウ>


<カラスアゲハーミヤマ〜>

<カラスアゲハ>

<ミヤマカラスアゲハ>

<オナガアゲハ>


<エルタテハ>

<ベニヒカゲ>


<ホソバヒョウ>


<カラフトタカネマダラセセリ>

<シロオビヒメヒカゲ>

<ヒメウスバキチョウ>

<クモマベニヒカゲ>
 


<キベリタテハ>


<コムラサキ>
 

どこでどんな蝶に出会えるか、なぁ〜んていうお話は、
お泊りの時に、ゆっくりとご案内いたします。
夏場は、自然大好きなスタッフがほとんど毎日の様に山を歩き、登って
現地を調査しています。
いろいろお話できます。宿でお会いしましょう!

<オオイチモンジ>



 長野県や山梨県では、種の指定で天然記念物になっている
「オオイチモンジ」もここ北海道層雲峡ではたくさん存在する
チョウチョです。
簡単に採取もできます。
当ペンションオーナーの指導により「さなぎ」も
案外らくに採れますよ。


これはオーナーが採取したさなぎです。
まれに黒化型のさなぎがあることも…

また、オーナーはたくさんのさなぎを飼育しているんです。






上記写真右下のオオイチモンジは、
オーナーが日本で初めて採取した黒化型
クロイチのメスです。

(北海道昆虫同好会大賞受賞)
採取地:由仁石狩林道入口
採取年月日:'97.7.26





さなぎ採取について

オオイチモンジのさなぎを見つけるには、
枝葉の食痕を見つけます。
食痕の状態によりある程度予測がつきます。
およそ半分はその枝でさなぎになり、
およそ半分はその場所を離れてさなぎになります。





オオイチモンジのメスを採取するには、
木のてっぺんの方にいる蝶は
エサを用意して呼び寄せるしかありません。
それにはリンゴトラップが必要。
しかもメス用のものがいります。





当ペンションでは毎年6月15日ごろ〜7月10日ごろまで
昆虫採集-オオイチモンジのさなぎ採取-を実施しています。
あなたも参加してみませんか。
宿泊者無料で採取方法を教えます。
天候が良くなくても採れます。
さなぎから12日で羽化します。

希望者にはリンゴトラップも分けてあげますよ。





ヒメギフチョウに関する驚きの情報

新産地
などの情報を
日本蝶学会 発行35号より
お伝えします。

道内のヒメギフチョウとも
顔が違います!

新顔ヒメギフチョウ




昆虫採集の方へご注意!

昆虫採集などで大雪湖ダム周辺に行きたい方は
国有林内に入林する場合があります。
国有林に入林するには、「入林届」が必要になります!

これが無いとせっかく層雲峡に来ても
肝心な場所まで行くことができません。

入林許可証が発行されるまでには1週間〜10日ぐらいかかります。
宿泊の予定日なども考え合わせ、お早めに
許可証の申請を行うことをおすすめします。
申請を行いたい方には「入林届」の「用紙」を
FAXにて送信できます。
住所・氏名・電話・FAX番号を明記し、
その旨をFAXにてお知らせください。

FAX番号01658-5-3207(P.山の上)




昆虫採集のお客様へのお知らせ <7・8月のみ>

昆虫採集でお1人で宿泊される方は、大変恐れ入りますが相部屋にてお泊りをお願いしております。
その場合の料金は1泊2食付9,800円です。
昆虫採集用トラップが必要な方は1セット3,000円(別売り)となっております。

お1人様で1部屋ご利用の場合、1泊2食付15,000円(トラップ付)です。





ペンションご案内

温泉ご案内

料理ご案内

釣りの話

Homeへ戻る

新着情報

大雪山の情報

石器・手作り体験

周辺観光・リンク

周辺マップ





TEL01658-5-3206 
FAX 01658-5-3207
〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡温泉